MENU

産後、脇の臭いがキツくなったら

妊娠から出産・授乳期には、ホルモンバランスが影響を受け、変化することでワキガの症状を引き起こすことがあります。

 

妊娠や出産が原因となってホルモンバランスが変調を来すと、ある日いきなりワキガ臭を発するケースがあります。

 

「なんで!」「突然!」なんて、ビックリするかも知れないのですが、こういった様に突然ワキガが発症する女性は、元々ワキガが発症する可能性を持ち合わせていたと思われます。

 

どうしてそういったことが分かるのかと言いますと、クサイ汗を排出するアポクリン汗腺は、生まれながら数が決まっているからだと言えます。

 

 

アポクリン汗腺の数が少ない場合は、ホルモンバランスが正常でなくなっても脇のニオイはそんなにもきつくなりません。
反面、アポクリン汗腺の数が多い場合だと、今回のタイミングのことからもわかるように体臭がいきなり強くなってしまう時もあるようです。

 

簡単に言うと、妊娠や出産がきっかけとなって体臭がきつくなってしまった場合、普通の人に比べてアポクリン汗腺がいっぱいある=ワキガ体質と言っても間違いがないんです。 アポクリン汗腺は、ホルモンバランスが正常でなくなるだけじゃなくても活発化するケースがあります。

 

妊娠するということは母乳が作られることが理由となって女性の胸は大きく張りますが、この際、乳腺が汗腺に刺激を与えて、ワキガ臭が引き起こされるといった説も報告されています。

 

妊娠や出産が原因のワキガは、妊娠・出産期が過ぎると臭わなくなることが見受けられます。
汗腺が一定期間だけ活発化して ホルモンバランスの乱れることで、免疫力も弱まり、そのことによって菌の増殖が活発になることがあります。

 

こういったケースでは、授乳期が終わる時点では、ワキガ臭も感じられなくなるのだと思われます。
その時だけ汗腺が活発化しただけだとしたら、妊娠・出産期が終わる事により汗腺の働きも低下していくため、6か月〜1年程度で元に戻ると思います。

 

産後脇の臭いの目安は妊娠・出産・授乳期です。
元に戻る女性のほとんどは、授乳期が終わる頃にはだんだん脇の臭いが弱くなっていくと思います。
この他には、出産直後は免疫力が衰えることが要因となり、雑菌が増殖・繁殖しやすくなると考えられます。

 

皮膚に住み着いてしまう常在菌はアポクリン汗腺から出る汗を分解してエサとするため、脇の臭いを発生させる張本人ですので、それらの菌の数が急増すればそれに比例して脇の臭いも強くなります。

 

しかし、そのようなケースですと、妊娠・出産・授乳期も終わり免疫力が健康な状態に戻ると同時に脇の臭いも無くなって行きますよ。
あまり気になるようでしたら、わきが用のデオドラントクリームを試してみたはいかがですか。